唇の乾燥を防ごう【テカテカリップで魅了溢れる女性に変身】

長髪の女性

みずみずしい肌の土台作り

肌を触る女性

みずみずしい角質を作る

洗顔後というのは肌の皮脂が洗い流されている状態ですから、肌の内部の水分が蒸発しやすい状態になっています。洗顔から時間が経てば経つほど水分がどんどん減っていき、20分を超えると肌に元々あった水分も、一緒に蒸発してしまう過乾燥という状態になってしまいます。そのため、洗顔したら一刻も早く化粧水を付けて保湿する必要があります。肌の表面の角質にたっぷりと水分を与えられるのは化粧水のみで、保湿成分も入っていますから、水分を閉じ込めておく作用もあります。また、肌を柔らかくしてくれて水分の道筋を作ってくれますから、後から使う美容液や乳液などの浸透力を高めてくれます。配合されている成分によっては、毛穴の引き締めや美白などの作用を持つものもありますから、悩みに応じて選ぶのがよいでしょう。

効果的な付け方

化粧水を肌に付ける方法には、コットンと手の二つの方法があります。どちらにもメリットがありますから、自分で両方試してみて合っている方法で付けるのがおすすめです。コットンで付ける場合のメリットとは、肌に均一に化粧水を浸透させることが出来て、手では付けにくい細かい部分までしっかりと付けられるという点です。凹凸がある部分は手では付けにくく、付け残しがあると肌が保湿されませんから、そういう部分に手軽に使えるのが魅力です。一方、手で付ける場合は、肌に優しく手の体温で化粧水の浸透力が高まると言う点です。デリケートな肌は上質なコットンでも刺激を感じることもありますが、手ならその心配がなく、充分に保湿できます。付け心地や付けやすさなどを比較してみて、自分に合っている方法でスキンケアしましょう。