唇の乾燥を防ごう【テカテカリップで魅了溢れる女性に変身】

頬に触れる女性

みずみずしい肌の土台作り

肌を触る女性

角質に充分水分を行き渡らせ、肌を柔らかくして美容液や乳液の浸透を高めるのが化粧水の役割です。また、洗顔後は急速に肌が乾燥しますから、一刻も早く化粧水で保湿しましょう。付け方はコットンと手による方法がありますが、自分に合っている方で行いましょう。

» 詳細へ

評判の良いオールインワン

クリーム

肌に潤いはハリをたっぷりと与えてくれて、美しい肌へと導いてくれるのがメディプラスゲルメディプラスゲルです。62種類もの美容成分が配合されていて、様々な肌への効果があります。また、オールインワンジェルですから手軽にスキンケアできて、コスパの良さも光ります。

» 詳細へ

うるうるリップになる方法

顔の手入れ

リップケアの注意点

外気も室内もカラカラに乾燥している冬は唇が荒れやすい季節です。元々デリケートな唇は皮膚が薄く皮脂腺もありませんから、潤いを保つ力が弱い部分です。そのため、乾燥などの外的刺激を受けやすいですから、しっかりとリップケアして唇の保湿に努めましょう。唇の潤いケアというと定番なのがリップクリームです。しかし、寒い冬はリップクリームも固くなっていますから、そのまま柔らかい唇にガシガシ塗ってしまうと、固さで荒れやすくなってしまいます。そのため、リップクリームの先が体温で柔らかくなるまで待ってから、優しく塗るのが大切です。また、乾燥するからといって日に何度もリップクリームを塗ると、摩擦で余計に荒れやすくなったり、ターンオーバーが阻害されてしまいますから、1日に3回程度を目安にしましょう。

効果的なリップケア方法

乾燥でかさかさになったり、唇荒れを予防するのに有効なリップクリームは、効果を引き出す使い方というものがあります。まず、リップクリームは横方向に塗るのではなく、縦に塗るようにしましょう。唇のしわは縦に入っているように肌の繊維などは縦に走っていますから、それにそって塗るのが正解です。また、固いままでは唇が傷ついてしまいますから、暖房などで温めて表面を溶かしてから塗るようにしましょう。そして、塗った後にリップクリームを均一にしようと、上下の唇をこすり合わせるのは禁物です。この摩擦が大きな刺激を与えてしまいますから、なるべく行わないのが得策です。唇の荒れがひどい場合には、ハチミツやオリーブオイルを塗って、ラップでパックしてあげると早く回復してくれます。

化粧選びとそのポイント

笑顔の女性

若さを保つためや見た目の年齢を下げるためのものとして、アンチエイジング化粧品の人気が高くなっている。アンチエイジング化粧品では、保湿効果を高めることで肌に潤いをもたらすものが多く、これらの理由から人気になっている。

» 詳細へ